マイクロソフトは、お気に入りの改善、履歴検索などを備えたEdgeDevチャネルビルド90.0.796.0をリリースしました

マイクロソフトは本日、ビルド90.0.796.0を開発チャネルにリリースしました。

このアップデートでは、最近カナリアバージョンで登場したタブ管理関連の機能が多数追加されています。

追加された機能:

  • お気に入りメニューと履歴メニューが開いて読み込まれるとすぐに、入力を開始して検索する機能が追加されました。
  • 新しいタブページの空のアドレスバーをクリックしたときのローカル閲覧履歴からの提案を追加しました。
  • 証明書ピッカーの証明書のフレンドリ名のサポートが追加されました。
  • Macでシングルサインオンを有効にし、特定のWebサイトがログインできない問題を修正しました。
  • 保護されたPDFを表示するときに特定のアクセス許可が制限されている場合のメッセージングが改善されました。
  • ウィンドウオクルージョンを有効にするために新しく追加されたポリシーを優先して、ネイティブウィンドウオクルージョンを有効にするための管理ポリシーを非推奨にしました。 管理用テンプレートまたはドキュメントの更新はまだ行われていない可能性があることに注意してください。
  • アップストリームChromiumからのオリジンに許可されるSSLエラーオーバーライドを制御するための管理ポリシーのサポートを有効にしました。

信頼性の向上:

  • ブラウザを閉じるときのクラッシュを修正しました。
  • 自動入力の提案ポップアップを表示するときのクラッシュを修正しました。
  • ガイド付きスイッチ使用時のクラッシュを修正しました。
  • ファミリーセーフティユーザーのクラッシュを修正しました。
  • 音声認識を使用するときのクラッシュを修正しました。
  • データ損失防止が有効になっているときに何かをコピーするとクラッシュする問題を修正しました。
  • ブラウザが大量のCPUを使用して何もしない問題を修正しました。
  • SmartCopyがOneNoteのようなXNUMXつのWebサイトで機能しない問題を修正しました。

変更された動作:

  • 削除されたパスワードが同期によって予期せず復元されることがある問題を修正しました。
  • Excelなどの特定のWebサイトのグラフィックが時間の経過とともに破損する問題を修正しました。
  • 印刷プレビューに誤った用紙数が表示されることがある問題を修正しました。
  • XNUMXページに複数のシートを印刷する際の問題を修正しました。
  • Print ToPDFを使用してページを印刷して作成されたPDFがダウンロードリストに表示されない問題を修正しました。
  • 管理ポリシーでサインインまたは同期をオフにしたときに、[設定]の[同期にサインイン]ボタンが無効にならない問題を修正しました。
  • Webページのドロップダウンリストにオプションやデータがない場合がある問題を修正しました。
  • URLをアドレスバーからコレクションにドラッグするときの問題を修正しました。
  • コレクションの同期に関する問題を修正しました。
  • アプリとしてインストールされているPWAまたはWebサイトをタスクバーに固定すると、予期せずスタートメニューに固定するように求められる問題を修正しました。
  • アプリとしてインストールされたPWAまたはWebサイトで開くことが期待されるリンクを開くと、正確なリンクが開かず、代わりにWebサイトのホームページに移動する問題を修正しました。
  • アプリとしてインストールされたPWAまたはWebサイトを削除しても、スタートメニューからそのエントリが削除されない問題を修正しました。
  • 子を開くアプリとしてPWAまたはWebサイトがインストールされる問題を修正しました windows それらの子供を取得しないでください windows メインアプリウィンドウに関連付けられていますが、代わりに汎用Edgeとして windows.
  • ショッピングポップアップの価格比較が表示されるべきときに表示されない問題を修正しました。
  • ApplicationGuardから自動入力機能を削除しました windows.

既知の問題点:

  • Microsoft Editor拡張機能などの特定の拡張機能は、Linuxでは機能しません。 インストールされるとすぐにクラッシュし、無効になります。 Microsoftは現在調査中です。
  • 特定の広告ブロック拡張機能のユーザーは、YouTubeで再生エラーが発生する可能性があります。 回避策として、拡張機能を一時的に無効にすると、再生を続行できるようになります。 見る 詳細については、こちらをご覧ください。
  • 一部のユーザーは依然として、すべてのタブと拡張機能がSTATUS_INVALID_IMAGE_HASHエラーですぐにクラッシュする問題に直面しています。 このエラーの最も一般的な原因は、Symantecなどのベンダーの古いセキュリティまたはウイルス対策ソフトウェアであり、そのような場合、そのソフトウェアを更新すると修正されます。
  • 関連する拡張機能がインストールされているKaspersky Internet Suiteのユーザーは、GmailのようなWebページの読み込みに失敗することがあります。 この障害の原因はカスペルスキーの主要なソフトウェアが古くなっているためであり、最新バージョンがインストールされていることを確認することで修正されます。
  • 一部のユーザーは、Microsoftがその領域で以前にいくつかの修正を行った後、お気に入りが複製されるのを見ています。 これがトリガーされる最も一般的な方法は、EdgeのStableチャネルをインストールしてから、以前にEdgeにサインインしたことがあるアカウントでサインインすることです。 自動重複排除がInsiderチャネルに導入されたため、この問題は軽減されるはずです。 ただし、Microsoftは、複数のマシンで手動重複排除を実行すると、いずれかのマシンが変更を完全に同期する前に重複が発生することも確認しています。そのため、Microsoftは、自動重複排除が安定するのを待つ間、十分な時間を残してください。重複排除ツールの実行間。
  • 一部のユーザーは、トラックパッドジェスチャまたはタッチスクリーンを使用してスクロールすると、「ぐらつき」の動作が見られます。一方の次元でスクロールすると、ページがもう一方の次元で微妙に前後にスクロールします。 これは特定のWebサイトにのみ影響し、特定のデバイスでは悪化するように見えることに注意してください。 これは、スクロールをEdge Legacyの動作と同等に戻すための進行中の作業に関連している可能性が高いため、この動作が望ましくない場合は、edge:// flags /#edge-experimental-scrollingフラグを無効にすることで一時的にオフにできます。

このEdgeDevチャネルの更新は、直接ダウンロードしてインストールする必要がありますが、そうでない場合は、Edgeの設定に移動して、ブラウザーを手動で更新できます。

原著