Tech-Net-Game News

12nm 2月に到着するAMD Ryzen 'Pinnacle' CPU

5か月後には、AMD Ryzenのプロセッサラインの最初のリフレッシュが見込まれます。 我々は最初に聞いた 確認 先週カリフォルニア州サンタクララで開催されたGlobalFoundries Technology Conference(GTC 12)でAMDがCPUとGPUをH1 2018の新しい2017nm LPプロセスに移行することを発表しました。 今、台湾のIT業界ジャーナル DigiTimesの マザーボードの製造元であるAMDの「12LP」(先進の12nm)Ryzenのプロセッサは2月に発売される、と言う。

あなたが AMD Ryzenプロセッサからロールアウト 今年初めから。 Ryzen 7のCPUが7月末に出荷を開始する前に、ライアン5が最初に(3月に)、その後Ryzen 3が4月/ 5月に引き渡しました。 プロセスのリフレッシュされたCPUは、類似しているがより厳しいロールアウトパターンに従います。 ソースによると、2月にはコードネームの「Pinnacle 7」がリリースされ、AMDは3月に「Pinnacle 5」と「Pinnacle 3」をフォローしています。 それがすべてではありません; DigiTimesは、AMDが4月の2018で低消費電力のピナクルプロセッサーバージョンを、5月の2018でエンタープライズ版のPinnacle Proを紹介すると付け加えました。

マザーボードメーカーが上記の情報源であるため、対応するチップセットのロールアウトに関する知識もあることがわかりました。 ソースは、ASMediaによって設計された400シリーズチップセットが来年3月に発売されるとしている。 使用可能な最初のボードは、X470またはB450チップセットを提供します。 AMDとそのパートナーは、CPUリフレッシュが普及することを期待しています。

先週のニュースをもう一度振り返ってみると、GlobalFoundries Technology Conferenceから、12LPを使って更新されたいくつかのVega GPUも見られるはずです。 残念ながら、リフレッシュされたAMD GPUについてのさらなる詳細はまだ到着していません。

ソース

関連のポスト

返信を残します

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須フィールドは、マークされています *

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 コメントの処理方法を学ぶ.

先頭へ戻るボタンに