Linux用CloudBerry Backup:データを保護するためのバックアップの設定と実行

クラウドベースのバックアップソリューションは、帆に風を吹き込みます。 今日私は、Linux用のCloudBerry Backupを見直します。 CloudBerry Labが提供する「企業向けおよび個人向け」ソリューションです。

このツールは、 GUIとCLIインタフェース。 GUIインターフェースは直感的です。 製品ページ。 だから私は今日、その製品を見直しながらコマンドラインインターフェイスに焦点を当てることにしました。 とにかく、それは私が「企業」環境でそれを使用して、例えばサーバ上のバックアップを管理する方法、またはリモートで ssh.

Linux用CloudBerryバックアップの取得

Linux用CloudBerry Backupは可能です 編集者のウェブサイトから自由にダウンロードできます。 しかし、ライセンスを取得するまでバックアップを実行することはできません。 しかし、パニックに陥らないでください:無料のライセンスがあるので、それを支払う必要はありません。

Linux版は、Windows版よりもはるかに安価であり、個人用の「フリーウェア」として提供されています。 現在利用可能なバージョンは(ウェブサイトから直接コピーされています):

  • フリーウェアのバージョン: 個人使用のためだけに設計されています。 柔軟なスケジューラや保存ポリシーなど、PROバージョンのほとんどの機能が搭載されています。
  • プロバージョン: 拡張機能:圧縮と暗号化が付属しています。 単一永久ライセンスの場合、価格は$ 29.99です。
  • 究極のバージョン: ストレージの制限がありません。

補足として、 "Free"バージョンのストレージ制限について言及する価値は200GBほどです。 しかし、5TOで "Pro"版をリリースし、 "Ultimate"版では無制限です。 これらの制限は、ソフトウェアによって実施される制限です。 ストレージプロバイダによって課せられる最終的なストレージの制限とは独立しています。

それについて言えば、CloudBerryはバックアップソリューションしか提供していません。 実際のストレージを購入または借りることはあなた次第です。 したがって、ライセンス価格がコンピュータごとに「1回限りの料金」である場合は、そのソリューションの総所有コストを見積もるためにストレージ価格を追加する必要があります。

有料ライセンスでは、ソフトウェアのすべてのアップデートを1年間無料で入手できます。 その後、さらに1年間のアップグレードのために20%の特別料金を支払わなければなりません。

私が理解したように、あなたはいつでもあなたのデータを復元するために "無料ライセンス"を使用することができます。 したがって、最終的には、比較的大規模なバックアップのために製品を使用する予定がある場合、または暗号化などの高度な機能が必要な場合にのみお支払いいただく必要があります。

このレビューでは、無料のライセンスを取得しました。 それは、 "Linux Standard EditionのCloudBerryバックアップ" 私が受け取ったライセンスキーを含む電子メールによると、 私は "標準版" 実際には、 "プロバージョン" ウェブサイトに記載されています。

設定を確認する

今回のレビューでは、9.0GBまたはRAMを搭載した仮想マシン上で動作する新鮮で最小限のDebian 4システムを使用しました。 システムは、NFSを実行し、6.5GBのデータを様々なサイズとタイプのファイルの典型的な分布で保持しているファイルサーバーとしてセットアップされました。

さらに、災害発生後に別のマシンのデータを復旧するCloudBerry Backupの機能をチェックするために、同様の復旧ターゲットをセットアップしましたが、データはありませんでした。 私たちは記事の終わりにそれを試みます。

バックアップストレージについては、ローカルにマウントされたディスクとGoogle Cloud Storageバケットの両方を使用しました。

インストール

CloudBerryのWebサイトから、Ubuntu 12 / 14 / 16、SUSE 11 / 12、Red Hat-CentOS 6.x / 7.x、Fedora 12 / 21のソフトウェアバイナリパッケージをダウンロードできます。

私がDebianの本物のシステムを使っているので、私の推測はUbuntuのバージョンがうまくいくことでした。

libgthread-14.so.2.0.2.39:共有オブジェクトファイルを開くことができません:そのようなファイルはありません。ディレクトリ

Ok:次回は、最小限のシステムにCloudBerry Backupをインストールします。 インストールを忘れないでください libglib2.0-0 最初に(欠けているライブラリファイルが含まれています libgthread-2.0.so.0)

itsfoss:〜#apt-get install -y libglib2.0-0 itsfoss:〜#dpkg -i ubuntu14_CloudBerryLab_CloudBerryBackup_v2.0.2.39_20170620155447.deb

今回は動作します:

itsfoss:〜#ps -edf | grep CloudBerry root 1301 1 0 15:33? 00:00:00 / opt / local / CloudBerryバックアップ/ raw_bin / cbbLocalManagementルート1328 442 0:15 pts / 33 0:00:00 grep CloudBerry

CloudBerry Backupに関するドキュメントのほとんどは、GUIツールを提供します。 公式を含む インストールおよび設定ガイド。 実際、GUIを使用するのはおそらく、使用可能なオプションの数があれば、ツールを使用して設定する最も簡単な方法です。 しかし、テストシステムからGUIを使用することはできません。 とにかく、実際の状況では、バックアップ戦略を設定するためだけにサーバにGUIをインストールしません。 うまくいけば、Cloud Berry Backupはコマンドラインインターフェイスも提供しています。

itsfoss:〜#ls / opt / local / CloudBerry Backup / bin / cbb cbbCommandLine cbbgui cbbGUI cbbLocalManagement cbbUpdater cbbWorker

理由はわかりませんが、私のインストールでは、CLIを実行するための2つの同一のスクリプトがあります。

itsfoss:... / CloudBerry Backup / bin#diff -s cbb cbbCommandLineファイルcbbとcbbCommandLineは同一です

これからは、 cbb これは公式の文書に暗示されているからです。

ライセンス認証

CloudBerry Labは、 cbb ウェブサイトでのコマンドラインの使用。 しかし、ドキュメンテーションはそれほど詳細ではありません。 それにもかかわらず、それといくつかの試行錯誤に基づいて、ここでセットアップ方法があります cbb 私のシステムのコマンドラインから。

使用できるようにするためにまずやるべきこと cbb ライセンスキーを取得して有効にすることです。

itsfoss:~# cd /opt/local/CloudBerry Backup/bin
itsfoss:.../CloudBerry Backup/bin# ./cbb activatelicense -h
CloudBerry Backup Command Line Interface started
activateLicense -e Email < <-k License key | -t LicenseType >  [-or | -oa ActivationKey] > | -free <-un userName | -oa ActivationKey> >
    -e Email           : Email for license activation
    -k License key     : Key for license activation
    -t License type    : Request trial license. Possible values: pro, ultimate
    -free              : Request free license
    -un userName       : User name to register free license
    -or                : Generate offline license request. Email & key are required. Request should be send via email to [email protected]
    -oa ActivationKey  : Offline license activation key. You should receive this key via email in response to offline request, or free license registration.

インラインヘルプと上記の公式ドキュメントは、あなたが直接ライセンスを要求する方法を説明しています。 cbb コマンドラインツール。 自分では、すでにライセンスキーを電子メールで受け取っています。 だから私はそのライセンスをインストールするだけでした:

#下のXの代わりに独自のライセンスキーを使用してください:itsfoss:... / CloudBerry Backup / bin#./cbb activatelicense -k "XXXXXXXX-XXXX-XXXX-XXXX-XXXXXXXXXXXX" CloudBerry Backupコマンドラインインターフェイスが成功しました

バックアップの種類

今日の時点では、Linux版のCloudBerry Backupは、 ファイルレベル バックアップ。 つまり、ブロック単位でディスク全体をバックアップすることはできず、指定したファイルとフォルダだけをバックアップすることができます。 つまり、マウントされたパーティション/ディスクのみをバックアップすることができ、非FSパーティションをバックアップすることはできません。 しかし、ほとんどのユーザーにとって、これは問題ではありません。 ブロックデバイスのバックアップはWindows版で利用可能。 しかし今のところ、Linuxの場合、生のブロックデバイスが対応する/ devエントリをバックアップしようとするとよいでしょう。 しかし、私はそれをテストしなかったので、私はこのことがうまくいっていないと確信しています。 インクリメンタル or 差分バックアップ そのようにディスクの。 したがって、そのトピックに関するさらに詳しい情報がある場合は、下のコメントセクションを使用してその情報を共有することをためらってください。

CloudBerry Backupコアの使用法

CloudBerry Backupを使用するには、2つの主な概念を理解している必要があります。

  • アカウント
  • および 予定

「アカウント」は、CloudBerry Backupでストレージサービス(ファイルシステムの場所、 アマゾンS3 or Googleのクラウドストレージ バケツ、 … )。 少なくとも1つの「アカウント」を構成してから、バックアップ/リストア操作を実行する必要があります。

「計画」とは、データをバックアップまたは復元する方法、時期、方法を指定するバックアップ/リストア戦略です。 各プランは、1つの「アカウント」に関連付けられている必要があります。

記憶域の作成 アカウント

バックアップを実行する前にまず行うべきことは、バックアップを作成することです。 アカウント。 始めに、私は "ファイルシステム"アカウントを使用しました。 それはローカルに接続された記憶領域です。 私の場合は、2番目(仮想)のディスクが /バックアップ

それは... / CloudBerry Backup / bin#./cbb addAccount -st FileSystem -d "ローカルバックアップ" -c "/ backup" CloudBerryバックアップコマンドラインインターフェイスが成功しました

aを作成する バックアップ計画

次に、 バックアップ計画。 バックアップ計画は、バックアップ操作のさまざまな詳細を指定します。 ターゲットとスケジュールを含む。

NFS / NFSのバックアップを作成するには、次のコマンドを実行します。コマンドラインインターフェイスの開始成功
  • -n "NFSファイル" バックアップ計画の(任意の)名前です。
  • - "ローカルバックアップ" 上記で作成されたアカウントの名前で、そのプランに関連付けられます。
  • -f / srv / nfs 私がバックアップしたいディレクトリです。 いくつかを指定できます -f 同じバックアップ計画で、バックアップするファイルまたはディレクトリツリーごとに1回ずつ実行します。
  • -bef 空のフォルダをバックアップするオプションです。
  • -es no これは理解するのが難しいです:私はこの記事を書くときに持っていた文書によると、 サポートされません システムファイルを除外します。 しかし、これはドキュメントで今修正する必要があります。 -es 〜へ はい (デフォルト値)、計画から隠れたファイルもバックアップから除外されます。 つまり、ドットで始まるファイル/フォルダはバックアップには存在しません。 しかし、 -es no 彼らはそうするでしょう。
  • - 毎日 - 「22:56」 かなり自明です。

22:56その日...バックアップが開始されました。 そして、長く、長い間、バックアップが最後に完了しました。

その後、/ backupフォルダー内に1つの大きなアーカイブファイルがあると思いました。 しかし、実際には、CloudBerryのバックアップが見えます 以下のような ソースツリーの単純なコピー:

itsfoss:... / CloudBerry Backup / bin#検索/バックアップ| CBB_itsfoss / srv / backup / CBB_itsfoss / srv / nfs / backup / CBB_itsfoss / srv / nfs / sample / backup / CBB_itsfoss / srv / nfs / sample / gcc- 4.6.3

しかし、物事は少し微妙です。 実際、バックアップでは、各ファイルは、異なるバックアップによって作成されたファイルのさまざまなバージョンを含むディレクトリに置き換えられます。

私は、ファイルを修正し、強制的にバックアップを再開することでそれを確認しました:

#CloudBerry Backup / bin#echo hello> / srv / nfs / some_file itsfoss:... / CloudBerry Backup / bin#./cbb plan -r "NFS files"#ダミーファイルを作成してバックアップを開始します。 CloudBerry Backupコマンドラインインターフェイスが開始されました。#完了まで待ってから、ファイルを変更して、バックアップを再起動します:/ cloudBerry Backup / bin#echo world> / srv / nfs / some_file itsfoss:... / CloudBerry Backup / bin#./cbb plan -r "NFSファイル" CloudBerry Backupコマンドラインインターフェイスが正常に起動しました

CloudBerry Backupは実際に修正されたファイルのみをコピーしたので、最初のものよりバックアップにかかる時間が大幅に短縮されました。 そして、実際には、私は今、 /バックアップ それぞれのタイムスタンプに関連付けられています。

このファイルは、/ backup / CBB_itsfoss / srv / nfs / some_file:/ / CBB_itsfoss / srv / nfs / some_file:/ 20170730220336 / some_fileワールド/バックアップ/ CBB_itsfoss / srv / nfs / some_file:/ 20170730215602 / some_fileこんにちは

バックアップを復元する

有名な知恵を引用するために、 「バックアップ計画は必要ありませんが、テストを含むリストア計画」は、。 ですから、CloudBerry Backupが提供するさまざまなリカバリオプションをテストすることを真剣にお勧めします。

バックアップの場合と同様に、復元操作を実行する前に、「復元計画」を作成する必要があります。 今回は、 addRestorePlan コマンド。 いくつかのバリエーションがあります:

/ home / bin /#./cbb addRestorePlan -n "Restore Missing" -a "ローカルバックアップ" -f / srv / nfs -se yes -ol yes

コマンドオプションのほとんどは、 addBackupPlan コマンド。 しかし、さらに、ここで見つけることができます:

  • -se データを復元するときに既存のファイルをスキップするオプション。
  • -ol フラグは、元の場所にデータを復元するために使用されます。
:/ CloudBerry Backup / bin#./cbb addRestorePlan -n "すべて復元" -a "ローカルバックアップ" -f / srv / nfs -se no -ol yes

この第2の変形例では、 -se 〜へ いいえ 〜へ スキップしない 既存のファイル 実際には、これは、宛先のすべてのファイルをバックアップの対応するもので上書きします。

/ home / home / local / local / local / local / local / local / local / local / local / local / local / local / local / local / local / local / local / local / local / local / local / local / local / local / local / local / local / local / local / local / local / local / local / local / local / localhostにあります。

3番目のバリエーションとして、指定した日付にデータを復元することもできます。 そのためには、 PointInTime モード(最新のデータを復元するデフォルトモード)。 もちろん、それらはほんの数例に過ぎません。 すべての組み合わせが可能です。 計画されたリストア操作を含む。 しかし、私はそれを自分の実験に任せました。

今のところ、上の3つのオプションをテストして比較しましょう:

#CloudBerry Backup / bin#./cbb plan -r "Restore Missing"プランは、削除されたファイルを復元します。#/ CloudBerry Backup / bin#rm / srv / nfs / some_file itsfoss: #完了のための待ち合わせを待つ:... / CloudBerry Backup / bin#cat / srv / nfs / some_file world
#CloudBerry Backup / bin##./cbb plan -r "#./cbb Backup#/cbbバックアップファイルは、 Restore Missing "#完了のための待ち合わせ:... / CloudBerry Backup / bin#cat / srv / nfs / some_fileが変更されました。
#私の "Restore All"プランは、すべての変更されたファイルをバックアップで利用可能な最新バージョンで上書きします#:/ CloudBerry Backup / bin#./cbb plan -r "すべて復元" CloudBerryバックアップコマンドラインインターフェイスが起動#完了のための待ち合わせを待つ:... / CloudBerry Backup / bin#cat / srv / nfs / some_file world
#私の "Restore At"プランは、 "Point in Time"のitsfossで利用可能なバージョンで、変更されたすべてのファイルを喜んで上書きします:... / CloudBerry Backup / bin#./cbb plan -r "CloudBerry Backup Command Lineインタフェースが成功しました。#完了するまで待ってください:/ CloudBerry Backup / bin#cat / srv / nfs / some_file hello

暗号化

今のところ、私は平文のバックアップだけを使用しました。 今度は、ツールの暗号化機能をチェックする時間です。 圧縮のように、暗号化は有料のユーザーにしか利用できません。 また、このツールの無料版では使用できません。

暗号化を使用するだけでは、単に -ea および -ep バックアップ計画を作成するときは、

itsfoss:.../CloudBerry Backup/bin# ./cbb addBackupPlan 
                                         -n "Backup Encrypted" 
                                         -a "Local Backup" 
                                         -f /srv/nfs 
                                         -ea AES_256 -ep [email protected]
CloudBerry Backup Command Line Interface started
Success

itsfoss:.../CloudBerry Backup/bin# ./cbb getPlanDetails 
                                         -n "Backup Encrypted"
CloudBerry Backup Command Line Interface started
Name                 : Backup Encrypted
Type                 : Backup
ID                   : {9c00b94c-03b1-4a4b-818a-73abd0eb44e9}
Destination ID       : {1137a608-94bd-48a2-ad0b-018c0e6965e5}
Destination name     : Local Backup
Backup items:
    /srv/nfs
Compress             : false
Exclude system folders: true
Encryption           : true
Encryption algorithm : AES_256
Schedule             : Not specified

itsfoss:.../CloudBerry Backup/bin# ./cbb plan -r "Backup Encrypted"

暗号化を有効にすると、CloudBerry Backupはほとんど同じように動作しますが、プレーンデータファイルをバックアップディレクトリに格納する代わりに、独自のバイナリ形式を使用してファイルコンテンツを格納します。 ファイルの内容は明らかにクリアテキストではありませんが、基本ファイルフォーマットにアクセスできないため、要求されたとおりにAES_256として適切にエンコードされているかどうか、正確なモード(EBC、CTC、クリック率、...)

私は自信を持っています。 cbbWorker リンクされている libcrypto.so.1.0.0。 しかし、そのライブラリは製品に同梱されており、製品はクローズドソースなので、私は確かに言えません。

私が言うことができるのはデータ 登場する 結果のファイルが8ビット/バイトに非常に近いエントロピーを持つため、暗号化されます。

#/ dev / zero of = / srv / nfs / _zero bs = 1M count = 1#暗号化されたバックアップを実行するitsfoss:... / NNバイトでいっぱいの1MBファイルを作成するitsfoss:... / CloudBerry Backup / bin# / cloudBerry Backup / bin#ent / backup / CBB_itsfoss / srv / nfs / cloudBerry Backup / bin#./cbb plan -r "バックアップ暗号化"#完了待ちまで待機し、暗号文のエントロピーを確認します。 / _zero:/ 20170731133530 / _Zeroエントロピー= 1バイトあたりの7.999839ビット。

暗号化されたバックアップのリストア計画を作成する方が簡単です。 -ep オプションを使用してパスワードを指定します。

それはとても簡単なので、私は次の例でいくつかのオプションを紹介しました:

  • -f / srv / nfs / _zero そのファイルだけを復元する
  • -ol no -de / tmp / 復元する / tmp / 元の場所ではなくむしろ
itsfoss:.../CloudBerry Backup/bin# ./cbb addRestorePlan 
                                         -n "Restore Encrypted" 
                                         -a "Local Backup" 
                                         -f /srv/nfs/_zero 
                                         -se no 
                                         -ep [email protected] 
                                         -ol no -de /tmp/
CloudBerry Backup Command Line Interface started
Success

itsfoss:.../CloudBerry Backup/bin# ./cbb plan -r "Restore Encrypted"
CloudBerry Backup Command Line Interface started
Success
# Wait for completion
itsfoss:.../CloudBerry Backup/bin# diff -s /tmp/_zero /srv/nfs/_zero
Files /tmp/_zero and /srv/nfs/_zero are identical

クラウドストレージの使用

これまではローカルバックアップだけで作業していました。 しかし、CloudBerry Backupの本当の強みは、さまざまなクラウドストレージプロバイダとの統合です。

CloudBerry Backup / bin#./cbb addAccount CloudBerry Backupコマンドラインインターフェイスが起動しました。addAccount -st StorageType -st storageType:詳細については、1つのストレージタイプを選択してください。storageTypes: -  AmazonS3  -  AmazonS3Chinese  -  S3Compatible  -  CenturyLink  -  Cloudian  -  DreamObjects -  Scality  -  ThinkOn  -  Verizon  -  Wasabi  -  Azure  -  Openstack  -  HPCloud  -  HPHelion  -  Rackspace  -  OracleCloud  -  SoftLayer  -  Google  -  BackBlaze  -  FileSystem -hヘルプを表示

この記事では、Google Cloud Storageアカウントを使用しました。

Googleの「Googleアカウント」 -  Googleの「GOOG0123456789012345」-sk「ABCD + 01234567890123456789012345678901234」-c「69065e24-761d-11e7-ac42-738017d4f6c6」 -  / CloudBerry Backup / bin#./cbb addAccount -d ssl CloudBerry Backupコマンドラインインターフェイスが成功しました

そのセットアップでは: - -ac 'GOOG0123456789012345' Googleストレージの「相互運用可能なストレージアクセスキー」です。 -sk 'ABCD + 01234567890123456789012345678901234' 関連する秘密鍵です。 -c '69065e24-761d-11e7-ac42-738017d4f6c6' バケツの名前です(Googleバケツの名前はグローバルに固有でなければならないため、私はUUIDを使用しています)

それが完了したら、バックアップと復元計画を作成する 正確に ローカルファイルシステムを使用する場合と同じです。

私のコースCloudBerry Backup Command Line Interfaceが成功しましたitsfoss:... / CloudBerry Backup / bin#./cbb addBackupPlan -n "Google Backup" -a "Googleアカウント" -f / srv / nfs / sample / My Courses / CloudBerry Backup / bin#./cbb plan -r "Google Backup" CloudBerryバックアップコマンドラインインターフェイスが正常に開始されました

復元 - 別のコンピュータで

最後に、CloudBerryバックアップ機能のツアーを終了するには、災害発生後に復旧する必要がある場合、非常に一般的なシナリオをテストすることが必要でした。 異なります 機械。

そこで、きれいで新しく作成されたシステムで、別のバージョンのCloudBerry Backupをインストールしました。 しかし今回は、無料版になります。 つまり、私は自由な鍵を最初に入手しなければならないということです。

yesik:.../CloudBerry Backup/bin# ./cbb activateLicense 
                                       -e "[email protected]" 
                                       -free 
                                       -un "Sylvain Leroux"
CloudBerry Backup Command Line Interface started
Success. Your registration key has been sent to the email address [email protected]

実際、電子メールを受け取り、次のコマンドにライセンスキーをコピーしてライセンスをアクティブ化しました。

# Of course, you will have to use your own key in the command below
# This one is just a fake example
yesik:.../CloudBerry Backup/bin# ./cbb activateLicense 
                                       -e "[email protected]" 
                                       -free 
                                       -oa 'ljLXMSocj5Gwx8IsmKxxXlHjIpeu6w4p/4akKOP75IVQLtaw8bOvioxLtOSAdzHtiSQUU6jvU5WS1eWaRp/2deiWMyWvvKrydahnF8yiM604GxR5s4gfR87edVmWsY0gVwK+J48Xx0ScQ8f+ou8e6wmwBK6+k+hj0lfRfC9Fzg4='
CloudBerry Backup Command Line Interface started
Success

これからのワークフローは、 ほとんど 元のホスト上のデータを復元するために使用されたのとまったく同じです:

yesik:... / CloudBerry Backup / bin#./cbb addAccount -d "Googleアカウント" -st Google -ac「GOOG0123456789012345」-sk「ABCD + 01234567890123456789012345678901234」-c「69065e24-761d-11e7-ac42-738017d4f6c6」 - ssl CloudBerryバックアップコマンドラインインターフェイスの起動成功yesik:... / CloudBerry Backup / bin#./cbb addRestorePlan -n "Google Restore" -a "Googleアカウント" -f / srv -sy yes -ol yes CloudBerry Backupコマンドラインインターフェイス成功を開始

のみ 違いは -syはい オプション。 ドキュメントによると、 バックアップを実行したコンピュータとは異なるコンピュータで復元計画を設定した場合、復元する前に同期する必要があります。 私が理解したところでは、これは sync リモート・ストレージで使用可能なデータ(後でそのデータベース上のデータ)をローカル・データベースに更新するためのCloudBerry Backupについてのものです。 または私は間違っていますか? その場合、コメントを残すことをためらうことはありません!

yesik:... / CloudBerry Backup / bin#./cbb plan -r "Google Restore" CloudBerry Backupコマンドラインインターフェイスが正常に起動しました

完了するまで待っている場合は、次のアドホックコマンドを使用して、バックアップが元のフォルダの正確なレプリカであることを確認できます。 例えば、ファイルのパーミッションをチェックしないなど、完璧ではありません。 しかし、すべてのファイルとその内容が復元されたことを私に確信させるだけで十分です:

yesik:... / CloudBerry Backup / bin#(cd / srv / nfs / sample / My Courses /; -print -type f -exec cat {}; md5sum 273510dd43e0e631822d0c48b7f9bbf6 ... / CloudBerry Backup / bin#(cd / srv / nfs / sample / My Courses /; find -print -type f -exec cat {};)| md5sum273510dd43e0e631822d0c48b7f9bbf6  - 

相互運用性

CloudBerry Backupが起きているWindowsの世界では、確かに懸念事項ではありません。 しかし 相互運用性 * nixの哲学の重要な部分です。

私が見るところでは、コマンドラインインターフェイスは、計画やアカウントのインポート/エクスポート機能を提供していません。 ログ履歴に直接アクセスすることもできません。 しかし、まだ / opt / local / CloudBerryバックアップ/ etc / config フォルダに保存されているプラ​​ンとアカウントの設定が表示されます XMLファイル.

さらに、 cbbackup.db ファイル SQLiteの いくつかの情報、特にバックアップ履歴に関する情報を公開しています。 確かに、これは別のホストで復元するときにCloudBerry Backupによって更新されるファイルです( -syはい オプション?)

私はあなたに奨励しません 修正する それらのファイルは文書化されていないので しかし確かに、あなたは read それら。 監査や監視の目的に特に役立つと思います。

CloudBerry Labは誰ですか?

CloudBerry Backupには機能が満載されており、私のエンジニアはかなり誘惑されています。 そしておそらくあなたもそうです。 しかし、私はあなたの中にはそのソフトウェアを経営陣に「売る」必要があることを知っているので、エディタについての情報が必要な場合があります。

CloudBerry Labは、カリフォルニアに本拠を置くソフトウェア会社であり、 彼らのLinkedInページ、彼らは 「クラウドベースのバックアップおよびファイル管理サービスを中小企業(SMB)に提供」

CloudBerry Labは2008で創立され、当初Windowsの世界をターゲットにしていました。 これは7月の2015で、クラウドベリーバックアップソリューションの最初のバージョンはLinuxとMacOS X向けにリリースされました。つまり、この執筆時点ではLinux用のCloudBerry Backupはわずか2年です。 ソフトウェアは今後も発展し、成熟するであろうことは間違いない。

私の意見

このテストの後、私はLinux用CloudBerry Backupに非常に満足していると言わざるを得ない。 この記事はすでに非常に長いので、グラフィカルユーザーインターフェイスをテストする余地はありませんでした。 しかし、とにかく、コマンドラインツールを使用すると、ソフトウェアの機能に完全にアクセスできるようになります。 確かに、CLIはWindowsの起源を示しており、確かにシェルスクリプトの使いやすさに合わせてカスタマイズすることができます(それぞれのコマンドが成功した後に「成功」​​と言われています)。バックアップソリューションを選択しなければならない場合、確かにCloudBerry Backupは私が検討する候補者の中にいるはずです。

私の主な後悔は、ソフトウェアがクローズドソースであることです。 会社がその専門知識を保護したいと考えることができるので、私はその選択を判断しません。 しかし、もし少なくとも いくつかの部分 またはソフトウェアが独立した開発者がその製品の周りの生態系を豊かにするための何らかの種類のAPIを提供していたかどうかを判断することができます。 たとえば、この単純な動きが、CLIの使用中に遭遇したいくつかの問題や制限を防ぎ、ツールの全体的な「スクリプト性」を向上させることができたと確信しています。

しかし、私は不平を言うことはありません。 それは素晴らしい製品のままです。 コマンドラインからだけでなく、グラフィカルユーザーインターフェイスからも完全に使用できます。 そして、私はCloudBerry Lab、特にSergeyのサポートチームに感謝しなくても、この記事を終わらせません。 このレビューを書いている間、私はたくさんの切符を開いた。 彼らは私の質問に答えただけでなく、自分のメッセージを転送し、私の発言に応じてドキュメントやソフトウェアまでパッチを当てました。 48h未満のすべて。 すべてのサポートだけがそれに対応していれば!

非常に最後の言葉として、いくつかの制限を受け入れるならば、無料で製品をダウンロード、試用、使用することができます。 だから、あなたがまだ躊躇しているなら、それをしてください。 そして、あなたのフィードバックを下記のコメント欄に報告してください!

  • GUIとCLIの両方
  • 最小限の依存関係
  • 多くのクラウドストレージプロバイダをサポート
  • 高度に設定可能なバックアップ/復元計画
  • 非常に反応の良いサポート
  • クローズドソース
  • CLIツールの疎なドキュメンテーション
  • 暗号化されたバックアップのプライベートファイル形式

ソース

関連のポスト

返信を残します

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 コメントの処理方法を学ぶ.