gtop:Linux / macOS用の素晴らしいシステム監視ダッシュボードUnixターミナル

私はhtopインタラクティブプロセスビューアが好きです。 最近私はgtopと呼ばれるものを見つけました。 それは上に似ていますが、空想的です。 LinuxまたはmacOS Unixベースのシステムにgtopをインストールして使用する方法を見てみましょう。

インストール

npmを使ってインストールする必要があります。 aptコマンド/apt-getコマンド UbuntuまたはDebianベースのシステムの場合:
$ sudo apt install npm nodejs
サンプル出力:

パッケージリストの読み込み中...完了依存関係ツリーの構築状態情報の読み込み中...完了次の追加パッケージがインストールされます。gyp javascript-common libicu55 libjs-jquery libjs-node-uuid libjs-underscore libpython-stdlib libpython-stdlib libpython2.7-stdlib libssl-dev libssl-doc libuv2.7-dev node-ansi node-ansi-color-node-archy node-async node-block-streamノード - 複合ストリームノード -  cookie  -  jar  - ノード遅延-stream node-forever-agentノード形式データnode-fstream node-fstream-ignore node-github-url-from-git node-glob node-graceful-fs node-gyp node-inherits node-ini node-json- stringify-safeノードロックファイルノードlruキャッシュノードmimeノードミニマッチノードmkdirpノードミュートストリームノードノードuuidノードnoptノード正規化パッケージデータノードnpmlogノードワンスノードosenvノード-qsノード読み取りノード読み取りパッケージjsonノード要求ノード再試行ノードrimrafノードsemverノードshaノードsigmundノードslideノードtarノードトンネルトンネルエージェントノードアンダースコアno 推奨するパッケージは以下のとおりです。apache1 | python-python-minimal python-pkg-resources python1 python2.7-minimal zlib2.7g-dev lighttpd | httpd node-hawk node-aws-sign node-oauth-sign node-http-signature debhelper python-doc python-tk python-setuptools python1-doc binfmt-support次の新しいパッケージがインストールされます。gyp javascript-common libicu2 libjs- libjs-jquery libjs-node-uuid libjs-underscore libpython-stdlib libpython2.7-stdlib libssl-dev libssl-doc libuv55 libuv2.7 libuv2.7 -lib node-ansi-node-ansi-colour-tableノードブロックストリームノード結合ストリームノードクッキージャーノード遅延ストリームノードフォーエバーエージェントノードフォームデータノードfstreamノードfstream無視ノードgithub URL url from git node-glob node-graceful-fs node-gyp node-in-node node-json-stringify-safe node-lockfile node-lru-cache node-mime node-minimatch node-mkdirp node-mute-stream node-node-uuid node- noptノード正規化パッケージデータnode-npmlog node-onceノードosenv node-qsノード読み取りノード読み取りパッケージjsonノード要求ノード再試行ノードrimrafノードsemverノードshaノードsigmund node-の lide node-tar node-tunnel-agent node-underscore node-which nodejs nodejs-dev npm python python-minimal python-pkg-resources python1-python1-minimal zlib2.7g-dev 2.7のアップグレード、1の削除、および0のアップグレードなし。 69 MBのアーカイブを入手する必要があります。 この操作の後、0 MBの追加ディスクスペースが使用されます。 続けたいですか? [Y / n] y取得:0 http://archive.ubuntu.com/ubuntu xenial-updates /メインamd20.2 libpython88.8-最小amd1 64-2.7ubuntu64〜2.7.12 [1 kB]

パッケージリストを読み込んでいます...完了
建物の依存関係ツリー
状態情報を読むと...完了
次の追加パッケージがインストールされます。
gyp javascript-common libicu55 libjs-継承libjs-jquery libjs-node-uuid libjs-stdlib libpython2.7-minimal libpython2.7-stdlib libssl-dev libssl-doc libuv1 libuv1 libノード名
node-ansi、node-ansi、カラーテーブル、node-archy、node-async、node-block-stream、node-stream、cookie-jar、node-delayed-stream、node-forever-agent、node-form-data、node-fstream node -fstream-ignore
node-github-url-from-git node-glob node-graceful-fs node-gyp node-inherit node-json-stringify-safeノードロックファイルnode-lru-cache node-mime node-minimatch node-mkdirpノードミュートストリームノードノードuuid
node-nopt node-normalize-package-data node-npmlog node-once node-osenv node-qs node-read node-read-package-json node-request node-retry node-rimraf node-semver node-sha node-sigmund node-slide node-tar
node-tunnel-agentノード - アンダースコアノード - which nodejs nodejs-dev python python-minimal python-pkg-resources python2.7 python2.7-minimal zlib1g-dev
提案されたパッケージ:
apache2 | lighttpd | httpd node-hawk node-aws-sign node-oauth-sign node-http-signature debhelper python-doc python-tk python-setuptools python2.7-doc binfmtサポート
以下の新規パッケージがインストールされます:
gyp javascript-common libicu55 libjs-継承libjs-jquery libjs-node-uuid libjs-stdlib libpython2.7-minimal libpython2.7-stdlib libssl-dev libssl-doc libuv1 libuv1 libノード名
node-ansi、node-ansi、カラーテーブル、node-archy、node-async、node-block-stream、node-stream、cookie-jar、node-delayed-stream、node-forever-agent、node-form-data、node-fstream node -fstream-ignore
node-github-url-from-git node-glob node-graceful-fs node-gyp node-inherit node-json-stringify-safeノードロックファイルnode-lru-cache node-mime node-minimatch node-mkdirpノードミュートストリームノードノードuuid
node-nopt node-normalize-package-data node-npmlog node-once node-osenv node-qs node-read node-read-package-json node-request node-retry node-rimraf node-semver node-sha node-sigmund node-slide node-tar
node-tunnel-agentノード - アンダースコアノード - which nodejs nodejs-dev npm python python-minimal python-pkg-resources python2.7 python2.7-minimal zlib1g-dev
0はアップグレードされません削除して69ために新しくインストールされた0、0、アップグレードされた。
20.2 MBのアーカイブを入手する必要があります。
この操作の後、追加のディスク領域の88.8 MBが使用されます。
続けたいですか? [Y / n] y
入手:1 http://archive.ubuntu.com/ubuntu xenial-updates /メインamd64 libpython2.7-minimal amd64 2.7.12-1ubuntu0〜16.04.2 [338 kB]

CentOS / RHEL 7ユーザーに関するメモ

RHEL / CentOS Linux 7を使用している場合は、 最初にepel-releaseという名前のパッケージをインストールします その後にnodejsとnpmが続きます。 yumコマンド:
# yum install epel-release
# yum install nodejs npm

Fedora Linuxユーザーに関するメモ

Fedora Linuxを使用している場合は、dnfコマンドを使用してnodejsとnpmをインストールします。
$ sudo dnf install epel-release
$ sudo dnf yum install nodejs npm

macOS Unixユーザーに関するメモ

次のbrewコマンドを入力します。
$ brew install node

gtopをインストールする

gtopをインストールするには、次のコマンドを入力します。
npm install gtop -g
サンプル出力:

/ usr / local / bin / gtop-> / usr / local / lib / node_modules / gtop / bin / gtop / usr / local /lib└─┬ [メール保護] 
  ├── [メール保護] 
  ├─┬ [メール保護] 
  │├── [メール保護] 
  │├─┬ [メール保護] 
  ││├── [メール保護] 
  ││├── [メール保護] 
  ││├── [メール保護] 
  ││└── [メール保護] 
  │├─┬ [メール保護] 
  ││├── [メール保護] 
  ││├── [メール保護] 
  ││└── [メール保護] 
  │├── [メール保護] 
  │├─┬ [メール保護] 
  ││└─┬ [メール保護] 
  ││├── [メール保護] 
  ││└── [メール保護] 
  │├── [メール保護] 
  │├─┬ [メール保護] 
  ││├─┬ [メール保護] 
  │││├── [メール保護] 
  │││└─┬ [メール保護] 
  │││└── [メール保護] 
  ││├─┬ [メール保護] 
  │││└── [メール保護] 
  ││├── [メール保護] 
  ││└─┬ [メール保護] 
  ││└── [メール保護] 
  │├─┬ [メール保護] 
  ││└─┬ [メール保護] 
  ││├── [メール保護] 
  ││├── [メール保護] 
  ││├── [メール保護] 
  ││└── [メール保護] 
  │├── [メール保護] 
  │├─┬ [メール保護] 
  ││├── [メール保護] 
  ││├── [メール保護] 
  ││├─┬ [メール保護] 
  │││└── [メール保護] 
  ││├─┬ [メール保護] 
  │││└── [メール保護] 
  ││├── [メール保護] 
  ││└── [メール保護] 
  │├─┬ [メール保護] 
  ││├── [メール保護] 
  ││├── [メール保護] 
  ││├── [メール保護] 
  ││├─┬ [メール保護] 
  │││└── [メール保護] 
  ││├── [メール保護] 
  ││├── [メール保護] 
  ││├─┬ [メール保護] 
  │││└── [メール保護] 
  ││├─┬ [メール保護] 
  │││├─┬ [メール保護] 
  ││││├── [メール保護] 
  ││││├── [メール保護] 
  ││││├── [メール保護] 
  ││││└── [メール保護] 
  │││└── [メール保護] 
  ││├─┬ [メール保護] 
  │││├── [メール保護] 
  │││├─┬ [メール保護] 
  ││││└── [メール保護] 
  │││├── [メール保護] 
  │││└── [メール保護] 
  ││├─┬ [メール保護] 
  │││├── [メール保護] 
  │││├─┬ [メール保護] 
  ││││├── [メール保護] 
  ││││├── [メール保護] 
  ││││└── [メール保護] 
  │││└─┬ [メール保護] 
  │││├── [メール保護] 
  │││├── [メール保護] 
  │││├── [メール保護] 
  │││├── [メール保護] 
  │││├── [メール保護] 
  │││├── [メール保護] 
  │││└── [メール保護] 
  ││├── [メール保護] 
  ││├── [メール保護] 
  ││├── [メール保護] 
  ││├─┬ [メール保護] 
  │││└── [メール保護] 
  ││├── [メール保護] 
  ││├── [メール保護] 
  ││├── [メール保護] 
  ││├── [メール保護] 
  ││├── [メール保護] 
  ││├─┬ [メール保護] 
  │││└── [メール保護] 
  ││├── [メール保護] 
  ││└── [メール保護] 
  │├─┬ [メール保護] 
  ││├── [メール保護] 
  ││└─┬ [メール保護] 
  ││└── [メール保護] 
  │├─┬ [メール保護] 
  ││└── [メール保護] 
  │├── [メール保護] 
  │└── [メール保護] 
  └── [メール保護]

/ usr / local / bin / gtop-> / usr / local / lib / node_modules / gtop / bin / gtop
/ usr / local / lib
└─┬ [メール保護]
├── [メール保護]
├─┬ [メール保護]
│├── [メール保護]
│├─┬ [メール保護]
││├── [メール保護]
││├── [メール保護]
││├── [メール保護]
││└── [メール保護]
│├─┬ [メール保護]
││├── [メール保護]
│ │ ├── drawil[メール保護]
││└── [メール保護]
│├── [メール保護]
│├─┬ [メール保護]
││└─┬ [メール保護]
││├── [メール保護]
││└── [メール保護]
│├── [メール保護]
│├─┬ [メール保護]
││├─┬ [メール保護]
│││├── [メール保護]
│││└─┬ [メール保護]
│││└── [メール保護]
││├─┬ [メール保護]
│││└── [メール保護]
││├── [メール保護]
││└─┬ [メール保護]
││└── [メール保護]
│├─┬ [メール保護]
││└─┬ [メール保護]
││├── [メール保護]
││├── [メール保護]
││├── [メール保護]
││└── [メール保護]
│├── [メール保護]
│├─┬ [メール保護]
││├── [メール保護]
││├── [メール保護]
││├─┬ [メール保護]
│││└── [メール保護]
││├─┬ [メール保護]
│││└── [メール保護]
││├── [メール保護]
││└── [メール保護]
│├─┬ [メール保護]
││├── [メール保護]
││├── [メール保護]
││├── [メール保護]
││├─┬ [メール保護]
│││└── [メール保護]
││├── [メール保護]
││├── [メール保護]
││├─┬ [メール保護]
│││└── [メール保護]
││├─┬ [メール保護]
│││├─┬ [メール保護]
││││├── [メール保護]
││││├── [メール保護]
││││├── [メール保護]
││││└── [メール保護]
│││└── [メール保護]
││├─┬ [メール保護]
│││├── [メール保護]
│││├─┬ [メール保護]
││││└── [メール保護]
│││├── [メール保護]
│││└── [メール保護]
││├─┬ [メール保護]
│││├── [メール保護]
│││├─┬ [メール保護]
││││├── [メール保護]
││││├── [メール保護]
││││└── [メール保護]
│││└─┬ [メール保護]
│││├── [メール保護]
│││├── [メール保護]
│││├── [メール保護]
│││├── [メール保護]
│││├── [メール保護]
│││├── [メール保護]
│││└── [メール保護]
││├── [メール保護]
││├── [メール保護]
││├── [メール保護]
││├─┬ [メール保護]
│││└── [メール保護]
││├── [メール保護]
││├── [メール保護]
││├── [メール保護]
││├── [メール保護]
││├── [メール保護]
││├─┬ [メール保護]
│││└── [メール保護]
││├── [メール保護]
││└── [メール保護]
│├─┬ [メール保護]
││├── [メール保護]
││└─┬ [メール保護]
││└── [メール保護]
│├─┬ [メール保護]
││└── [メール保護]
│├── [メール保護]
│└── [メール保護]
└── [メール保護]

使用法

次のコマンドを入力します。
gtop
OR
nodejs /usr/local/bin/gtop
サンプル出力:

図01:gtopが動作中
図01:gtopが動作中

次のキーを押すとプロセステーブルをソートできます。

  1. pを押す プロセスID(PID)でソートする.
  2. 並べ替えるにはcを押します CPU使用率.
  3. 並べ替えるにはmを押します メモリ使用量.

gtopはかなり派手ですが。 私はお勧め htopツール or ユーティリティの上に またはサーバー使用専用のtopコマンド。

 

ソース