Ubuntu 16.04に請求書忍者をインストールする方法

Ubuntu 16.04に請求書忍者をインストールする方法

請求書忍者は、請求、支払い、時間の追跡などのためのWebベースのオープンソースソフトウェアです。 オンラインで請求書を作成したり、Stripe、PayPal、WePayなどの支払いゲートウェイと対話したりすることができます。 請求書忍者は、PDF形式のライブインボイスプレビューを表示できます。 テンプレート内の会社ロゴを自分で簡単に変更することができます。 請求書忍者はPHPに基づいており、Laravel Frameworkを使用して構築され、LinuxおよびWindowsにインストールすることができます。

このチュートリアルでは、Ubuntu 16.04に請求書忍者をインストールする方法を説明します。 NginxをWebサーバー、MariaDBをデータベースシステムとして使用します。

前提条件

  • Ubuntu 16.04サーバー。
  • ルート権限。

ステップ1 - Nginxをインストールする

In this step, we will install the Nginx web server. Connect to your server with your ssh root account (or login with another user and use ‘sudo -s’ to become root) and update the repository.

ssh [email protected]
apt-get updateを実行し

以下のaptコマンドでNginxをインストールしてください:

apt-get install -y nginx

nginxのインストールが終了したら、Nginxを起動し、ブート時に起動するように追加します。

systemctl start nginx
systemctl enable nginx

nginxが動作していることを確認してください。 nginxが使用するポートを確認してください。デフォルトのWebサーバーポートは80です。

netstat -plntu

Ubuntu 16.04にインストールされたNginx

Step 2 – Install and Configure MariaDB Server

After installing Nginx, we need to install the package mariadb-server on the system. It’s available in the Ubuntu repository. Install mariadb-server and its dependencies with the command below.

apt-get install -y mariadb-server

インストールが完了したら、mariadbサービスを起動し、起動時にこれらのsystemctlコマンドを使用して起動するようにします。

systemctl restart mysql
systemctl enable mysql

MariaDBが起動したので、以下のコマンドでmariadbのrootパスワードを設定できるようになりました。

mysql_secure_installation

新しいMariaDBルートパスワードを設定します。

ルートパスワードを設定しますか? [Y / n] Y
新しいパスワード:
新しいパスワードを再入力してください:
匿名ユーザーを削除しますか? [Y / n] Y
リモートからのrootログインを拒否しますか? [Y / n] Y
テストデータベースを削除してアクセスしますか? [Y / n] Y
今すぐ特権テーブルを再ロードしますか? [Y / n] Y

次に、rootユーザとしてmysqlシェルに接続しようとします。

mysql -u root -p
あなたの根のパスワードを入力してください

すべてが正しく動作したら、MySQLシェルが表示されます。

Now we need to create a new database and a new user for Invoice Ninja. I will create a new database named ‘忍者‘, a new user ‘忍者「パスワード付き」aqwe123‘. Please choose a different and secure password for your installation!

以下のmysqlクエリでそれらを作成します。 新しいデータベースを作成し、新しいユーザーとパスワードを作成し、新しいユーザーにデータベースにパスワードを与えます。

データベースninjadbを作成します。
create user [email protected] identified by ‘aqwe123’;
grant all privileges on ninjadb.* to [email protected] identified by ‘aqwe123’;
フラッシュ権限;

Invoice忍者用MariaDBのインストールと設定

MariaDBがインストールされ、Invoice Ninjaの新しいデータベースとユーザーが作成されました。

Step 3 – Install and Configure PHP7.0-FPM

請求書忍者はPHPに基づいているので、PHPをシステムにインストールする必要があります。 このInvoice NinjaのインストールにはPHP7.0-FPMを使用します。

以下のコマンドでInvoice Ninjaに必要なPHP7.0-FPMおよびその他のPHP拡張機能をインストールしてください。

apt-get install -y php7.0-fpm php7.0-gd php7.0-xml php7.0-mysql php7.0-zip php7.0-mbstring php7.0-mcrypt php7.0-curl php7.0-gmp

インストール後、PHP設定ディレクトリに移動し、php.iniファイルを編集します。

cd / etc / php / 7.0 /
vim fpm / php.ini

下のCGI行のコメントを外し、値を0に変更します。

cgi.fix_pathinfo = 0

保存して終了。

cliディレクトリのphp.iniファイルを編集します。

vim cli / php.ini

下のCGI行のコメントを外し、値を0に変更します。

cgi.fix_pathinfo = 0

保存して終了。

次に、PHP7.0-FPMを起動し、起動時に起動できるようにします。

systemctl restart php7.0-fpm
systemctlを有効にするphp7.0-fpm

デフォルトでは、PHP7.0-FPMはソケットファイルで動作しています。以下のコマンドで確認してください。スクリーンショットに示すように、PHPソケットファイルが表示されます。

netstat -pl

Ubuntu 7.0でPHP16.04-FPMを設定する

PHP7.0-FPMおよびInvoice Ninjaに必要なすべての拡張機能がインストールされています。

Step 4 – Install and Configure Invoice Ninja

この手順では、請求書忍者をダウンロードして設定します。 まず、システムにunzipをインストールします。

apt-get install -y unzip

'/var/www’ wgetコマンドでInvoice Ninjaのソースコードをダウンロードしてください。

cd / var / www /
wget https://download.invoiceninja.com/ninja-v3.1.0.zip

Extract the Invoice Ninja zip file and go to the ‘ninja’ directory.

解凍ninja-v3.1.0.zip
CD忍者/

For the Laravel project, we need to install the composer dependency manager for PHP. It’s available in the Ubuntu repository, so we can install it with the apt command.

apt-get install -y作曲家

次に、以下のcomposerコマンドでInvoice Ninjaの依存関係をインストールします。

composer install –no-dev -o

  • –no-dev :require-devパッケージのインストールを無効にする
  • -o :オートローダのダンプ中にオートローダを最適化する

依存関係のインストールが完了したら、.envファイルをコピーしてvimで編集します。

cp .env.example .env
ヴィム.ENV

以下のデータベース設定の値を変更します。

DB_DATABASE = ninjadb
DB_USERNAME =忍者
DB_PASSWORD = aqwe123

保存して終了。

請求書忍者用の環境設定

次に、configディレクトリのデータベース設定を編集します。

vim config / database.php

我々は、MariaDB / MySQLデータベースを使用している、MySQLのライン55に行く。

‘database’ => env(‘DB_DATABASE’, ‘ninjadb’),
‘username’ => env(‘DB_USERNAME’, ‘ninja’),
‘password’ => env(‘DB_PASSWORD’, ‘aqwe123’),

パスワードを、忍者ユーザー用に設定したパスワードに置き換えてください!

保存して終了。

請求書忍者データベースの設定

すべての設定ファイルが編集されます。 次に、以下のコマンドでデータベースを移行します。

PHP職人が移行する

You will be asked to run the command, type ‘はい‘ and press Enter.

請求書忍者データベースの移行

次に、データベースにすべてのレコードをシードします。

PHPの職人のデータベース:種子

タイプ 'はい‘ and press Enter to confirm.

請求書忍者シードテーブル

LaravelプロジェクトInvoice Ninjaの新しいアプリケーションキーを生成します。

PHPの職人のキー:生成する

アプリケーションキーが表示されます。

vimでapp.phpファイルを編集します。

vim config / app.php

APP_KEY行の85に移動し、生成したキーを貼り付けます。

‘key’ => env(‘APP_KEY’, ‘base64:0o5QLWbNeDCNer064+600Hl8oJ20OPCIymadKJQ1RGo=’),

保存して終了。

Finally, change the owner of ‘/ var / www / ninja‘ directory to ‘www-データ‘ user and group.

cd / var / www /
chown -R www-data:www-data ninja /

請求書忍者が設定され、インストールの準備が整います。

Step 5 – Configure SSL and Virtual Host

In this step, we will generate an SSL Certificate file with the OpenSSL command and create new virtual host configuration for Invoice Ninja. If you are on a live server, you can use a free SSL from Let’s Encrypt instead of generating a self-signed SSL cert with OpenSSL.

Create a new ‘CERT‘ directory for the SSL files.

mkdir -p / etc / nginx / cert /

以下のopensslコマンドを実行して証明書ファイルを生成します。

openssl req -new -x509 -days 365 -nodes -out /etc/nginx/cert/ninja.crt -keyout /etc/nginx/cert/ninja.key

Change the permission of the certificate files to ‘600’.

chmod 600 / etc / nginx / cert / *

請求書忍者用のSSL証明書を生成する

Next, go to the Nginx directory and create a new virtual host configuration file named ‘忍者'。

cd / etc / nginx /
vim sites-available / ninja

下に仮想ホスト設定を貼り付けます。

サーバー{#あなたのドメイン名 -  hakase-labs.coは80を聞きます。 server_name ninja.co www.ninja.co; #リダイレクトをhttpsにリダイレクトするadd_header Strict-Transport-Security max-age = 2592000; ^ https:// $ server_name $ request_uriを書き換えますか? 永久; } server {#あなたのドメイン名 -  hakase-labs.coは443のデフォルトを聞きます。 server_name ninja.co www.ninja.co; #請求書のSSLを有効にするNinja ssl on; ssl_certificate /etc/nginx/cert/ninja.crt; ssl_certificate_key /etc/nginx/cert/ninja.key; ssl_session_timeout 5m; ssl_ciphers 'AES128 + EECDH:AES128 + EDH:!aNULL'; ssl_protocols TLSv1 TLSv1.1 TLSv1.2; ssl_prefer_server_ciphers on; #請求書忍者のWebルートファイルルート/ var / www / ninja / public; index index.html index.htm index.php; charset utf-8; 場所/ {try_files $ uri $ uri / /index.php?$query_string; } location = /favicon.ico {access_log off; log_not_foundオフ; } location = /robots.txt {access_log off; log_not_foundオフ; }#請求書忍者のアクセスとエラーログaccess_log /var/log/nginx/ininja.access.log; error_log /var/log/nginx/ininja.error.log; sendfileをオフにする。 #PHPアプリケーションの場所を扱う〜.php $ {fastcgi_split_path_info ^(。+。php)(/.+)$; fastcgi_pass unix:/run/php/php7.0-fpm.sock; fastcgi_index index.php; fastcgi_paramsを含みます。 fastcgi_param SCRIPT_FILENAME $ document_root $ fastcgi_script_name; fastcgi_intercept_errors off; fastcgi_buffer_size 16k; fastcgi_buffers 4 16k; } location〜/.ht {allを拒否します。 }}

保存して終了。

忍者仮想ホストを有効にし、Nginx設定をテストし、エラーがないことを確認します。

ln -s / etc / nginx / sites-available / ninja / etc / nginx / sites-enabled /
nginx -t

ここで、nginx Webサーバーを再起動します。

systemctl restart nginx

請求書忍者仮想ホストのインストール

請求書忍者仮想ホストの設定が完了しました。

Step 6 – Finishing the Installation and Testing

Webブラウザを開き、請求書忍者URL:ninja.coを入力します。 httpsの接続と設定ページにリダイレクトされます。

請求書忍者のインストール

アプリケーション設定、データベース接続、電子メール設定、ユーザー詳細を入力し、請求書忍者TOSを確認してください。

請求書忍者インストール構成設定

Click ‘登録‘ and you will be redirected to the login page of Invoice Ninja.

Type in your email and password, then press ‘ログイン'。

請求書忍者ダッシュボードが表示されます。

請求書忍者管理ダッシュボード

請求書忍者の設定ページ。

請求書忍者設定ページ

Ubuntu 16.04にNginxとMariaDBと共にインストールされた請求書忍者。

参照

ソース

返信を残します

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 コメントの処理方法を学ぶ.