Magentoのをインストールする方法 2 with Varnish, Apache and Pound as SSL Termination

記事上で, 我々は、Magentoのをインストールする方法を紹介します 2 上の Ubuntuの 16.04 VPS MariaDBと, フルページキャッシュとしてワニス, Apache and Pound as SSL termination. このガイドでは、他の上で動作するはずです Linux VPS systems as well but was tested and written for an Ubuntu 16.04 VPS.

私たちは始める前に, あなたのMagentoのためのさまざまな設定をすることができ. あなたは従うことができます このチュートリアル Magentoのをインストールするには 2 Ubuntuの上 16.04 MariaDBとVPS, PHP-FPM 7.0, フルページキャッシュとしてワニス, nginxのセッションストレージとページキャッシュのためのSSLターミネーションとRedisのよう.

Or you can check out このチュートリアル Magentoのをインストールするには 2 上の Ubuntuの 16.04 VPS MariaDBと, フルページキャッシュとしてワニス, セッションストレージのためのApacheとのMemcache.

あなたは、任意のさまざまな要件を持っている場合, ただ 私たちからのLinux VPSを取得 そして私たちはあなたのためにすべてを設定します, 無償.

1. Login and update your server

まず第一に, you need to login to your Ubuntu 16.04 VPS SSH経由 as user root:

SSH [電子メールが保護されました]_IP_address

It is also recommended to start a screenのセッション 次のコマンドを実行して、

画面-Uは、Magentoのを-S

システムを更新 and install necessary packages with:

apt-getを更新 && apt-get -y upgrade
apt-get -y install curl nano git

It is crucial that you always keep your server up to date. あなたもすることができます 自動更新を有効にします in order to achieve this.

2. MariaDBをインストールして設定します

Install the latest MariaDB 10.0 server from the official Ubuntu repositories:

apt-get install -y mariadb-server

次, we need to create a database for our Magento installation.

MySQLの-uルート-p
MariaDB [(なし)]> CREATE DATABASE magento;
MariaDB [(none)]> GRANT ALL PRIVILEGES ON magento.* TO 'magento'@'localhost' IDENTIFIED BY 'strong_password';
MariaDB [(none)]> FLUSH PRIVILEGES;
MariaDB [(none)]> Q

Do not forget to replace ‘strong_password’ with an actual strong password. あなたもすることができます generate a strong password from the command line.

3. Apache2のWebサーバーをインストールします。

apt-getをインストールapache2の

4. PHPおよび必要なPHPモジュールをインストールします。

PHPバージョンの最新の安定版をインストールするには 7 そして、すべての必要なモジュール, 実行します。

apt-get install php7.0 libapache2-mod-php7.0 php7.0-mbstring php7.0-curl php7.0-zip php7.0-gd php7.0-mysql php7.0-mcrypt php7.0-xsl php-imagick php7.0-gd php7.0-cli php-pear php7.0-intl

いくつかのデフォルトのPHPの設定を変更します。

sed -i "s/memory_limit = .*/memory_limit = 256M/" /etc/php/7.0/cli/php.ini
sed -i "s/upload_max_filesize = .*/upload_max_filesize = 128M/" /etc/php/7.0/cli/php.ini
sed -i "s/zlib.output_compression = .*/zlib.output_compression = on/" /etc/php/7.0/cli/php.ini
sed -i "s/max_execution_time = .*/max_execution_time = 18000/" /etc/php/7.0/cli/php.ini

それはまだ行っていない場合はApache2の書き換えモジュールを有効にします。

a2enmodリライト

新しい設定を有効にするには, 次のコマンドを使用して、Apache Webサーバを再起動します。

サービスapache2の再起動

5. 作曲をインストールします。

作曲は、あなたがパッケージをインストールすることが可能なPHPの依存マネージャーです. 作曲は、あなたのプロジェクトのために必要なすべての必要なライブラリと依存関係に引っ張ってきます.

curl -sS https://getcomposer.org/installer | php
mv composer.phar /usr/local/bin/composer

6. Magentoのをインストールします。 2 Githubのから

にMagentoのリポジトリのクローンを作成 ~/myMagentoSite.com 次のコマンドを使用してディレクトリ:

git clone https://github.com/magento/magento2.git /var/www/myMagentoSite.com

最新のMagentoのを取得 2 安定版リリース:

cd /var/www/myMagentoSite.com
git checkout $(gitが--tagsを記述する $(gitのREV-リスト--tags --max-回数= 1))

すべてのMagentoの依存関係をインストールするために作曲を実行します。

作曲インストール

インストールを続行するには、いずれかのインストール・ウィザードまたはコマンドラインを使用することができます, このガイドでは、我々は後者を使用します。.

bin/magento setup:install 
--base-url=http://myMagentoSite.com/ 
--db-host=localhost 
--db-name=magento 
--db-user=magento 
--db-password=strong_password 
--admin-firstname=First  
--admin-lastname=Last 
[電子メールが保護されました] 
--admin-user=admin 
--admin-password=strong_password123 
--language=en_US 
--currency=USD 
--timezone=America/Chicago 
--use-rewrites=1

インストールが成功した場合は、以下のように表示されます。

[SUCCESS]:完全なMagentoのインストール.
[SUCCESS]: Magento Admin URI: /admin_1m0ezr

実行 crontab cronジョブを作成するコマンド

crontabの-u WWW-データ-e

そして次の行を追加します。

* * * * * /usr/bin/php /var/www/myMagentoSite.com/bin/magento cron:run | grep -v "Ran jobs by schedule" >> /VAR / WWW / myMagentoSite.comは/ var / log / magento.cron.log

最後に, 適切な権限を設定します。

chown -R www-data: /var/www/myMagentoSite.com

7. Apacheの設定

Apacheでの新しい仮想ホストディレクティブを作成します。. 例えば, you can create a new Apache configuration file named ‘magento.conf’ on your server:

touch /etc/apache2/sites-available/magento.conf
ln -s /etc/apache2/sites-available/magento.conf /etc/apache2/sites-enabled/magento.conf
nano /etc/apache2/sites-available/magento.conf

それから, 次の行を追加します。

<VirtualHost *:80>
ServerAdmin [電子メールが保護されました]
DocumentRoot /var/www/myMagentoSite.com/
ServerName myMagentoSite.com
ServerAlias www.myMagentoSite.com
<ディレクトリ/var/www/myMagentoSite.com/>
Options FollowSymLinks
AllowOverride All
Order allow,deny
allow from all
</ディレクトリ>
ErrorLog /var/log/apache2/myMagentoSite.com-error_log
CustomLog /var/log/apache2/myMagentoSite.com-access_log common
</VirtualHost>

変更を有効にするためのApache Webサーバを再起動します。

サービスapache2の再起動

あなたは今まで行くことによって、あなたのMagentoのバックエンドにログインすることができるはずです http://myMagentoSite.com/admin_1m0ezr 実行時に設定された情報を使用して bin/magento setup:install.

8. ニスをインストールして設定します

To install Varnish, 単純に次のコマンドを実行します。

apt-get install varnish

あなたからSTORESリンク(左側のサイドバー)上のMagentoの管理ダッシュボードをクリック - > 設定 - > ADVANCED - > システム - > フルページキャッシュ

Uncheck “Use system value” and from the Caching Application list, 選択ニスキャッシュ(推奨), 設定を保存, ワニスの設定]リンクをクリックして、ワニスのためのエクスポートVCLをクリックしてください 4 ボタン. ザ・ varnish.vcl 私たちが使用するファイルはにエクスポートされます /var/www/myMagentoSite.com/var/ ディレクトリ.

とMagentoのキャッシュをフラッシュ:

php bin/magento cache:flush

削除 /etc/varnish/default.vcl そして、エクスポートワニス構成にそれをシンボリックリンク.

rm -f /etc/varnish/default.vcl
ln -sf /var/www/myMagentoSite.com/var/varnish.vcl /etc/varnish/default.vcl

からニスポートを変更するには 6081 に 80, 我々はsystemdにサービス設定を編集する必要があります.

新しいを作成します customexec.conf ファイル

mkdir -p /etc/systemd/system/varnish.service.d
nano /etc/systemd/system/varnish.service.d/customexec.conf

次を貼り付けます。

[Service]
ExecStart=
ExecStart=/usr/sbin/varnishd -j unix,user=vcache -F -a :80 -T localhost:6082 -f /etc/varnish/default.vcl -S /etc/varnish/secret -s malloc,256m

そして、systemdにユニットをリロード

systemctlデーモンリロード

今、私たちはからApacheのリスニングポートを変更する必要があります 80 に 8080. それを行うには, Apacheのポート設定ファイルを開き、次のように変更します。

nano /etc/apache2/ports.conf

Listen 80 -> 聴く 8080
nano /etc/apache2/sites-available/magento.conf

<VirtualHost *:80> -> <VirtualHost *:8080>

すべてが正しく設定されている場合、今、あなたはに行くことによって、あなたのMagentoのバックエンドにログインすることができるはずです https://myMagentoSite.com/admin_1m0ezr.

どこかに立ち往生? VPSを取得 私たちと私たちはあなたのためにこのすべてをやるから, 無料!

9. Install and configure Pound as SSL termination

Varnish doesn’t support SSL traffic, so you will need to install a proxy or load balancer like Pound to handle the SSL traffic. これをする, we will configure Pound to only listen on port 443 and pass the traffic to Varnish on port 80.

最初, let’s install Pound with:

apt-get install pound

Open the Pound configuration file:

nano /etc/pound/pound.cfg

and set the following:

ListenHTTPS
    Address 1.2.3.4 ## this should be your server public IP address
    Port 443
    Cert "/etc/apache2/ssl/myMagentoSite.com.pem" ## path to your SSL certificate
    HeadRemove "X-Forwarded-Proto"
    AddHeader "X-Forwarded-Proto: https"
    Service
        BackEnd
            Address 127.0.0.1
            ポート 80
        End
    End
End

After you are done, restart your Apache and Varnish, and Pound:

service apache2 restart
service varnish restart
service pound restart

10. Further Optimizations

To further optimize your Magento installation from your Magento admin dashboard:

1. Go to STORES -> 設定 - > CATALOG -> Catalog -> Use Flat Catalog Category, select Yes and click Save Config.
2. Go to STORES -> 設定 - > ADVANCED - > Developer -> JavaScript Settings and set both Merge JavaScript Files and Minify JavaScript Files to Yes and click Save Config..
3. Go to STORES -> 設定 - > ADVANCED - > Developer -> CSS Settings and set both Merge CSS Files and Minify CSS Files to Yes and click Save Config.
4. Consider using a CDN – Content Delivery Network

Do not forget to flush the cache again:

php bin/magento cache:flush

You can also follow our guide on how to speed up Magento.

それでおしまい. You have successfully installed Magento 2 with Memcache as a session storage and page caching, Varnish as a full page caching and Apache on your Ubuntu 16.04 VPS and you have set up Pound as SSL termination. For more information about how to manage your Magento installation, 公式を参照してください。 Magento ドキュメンテーション.

ソース

返信を残します

このサイトは、スパムを減らすためにアキスメットを使用しています. あなたのコメントデータが処理される方法を学びます.

私たちはあなたに最高のオンライン体験を提供するためにクッキーを使用します. 同意することによって、あなたは私達のクッキーのポリシーに従ってクッキーの使用を受け入れます.