Windows 10の起動時にフォルダを自動的に再オープンする

Windows 10の "Pick up from left off"機能は、再起動後にアプリケーションに戻るのに役立ちますが、フォルダの場合は、すばやく設定を変更する必要があります。

複数のアプリケーション、ドキュメント、およびフォルダを開いている重大なワークフローがある場合は、Windowsのアップデートやその他の理由によりPCを再起動する必要がある場合には迷惑になることがあります。 ログオンした後、すべてを再起動する必要があります。 さて、Windows 10 1709から始まって、この問題を軽減するために、マイクロソフトは "私が中断したところでピックアップ"機能。 これはCortanaの機能で、最後のセッションで使用していたアプリやファイルを再起動することができます。 ただし、これにはフォルダは含まれません。 しかし、次回の再起動時にファイルエクスプローラのオプションで簡単にチェックを入れてフォルダを開くことができます。 それを行う方法は次のとおりです。

Windowsの起動時にフォルダを開くようにする

新しいセッションを開始するときに開いたフォルダを再度開くには、ファイルエクスプローラを開き、リボンから[表示]タブを選択し、 オプション>フォルダと検索オプションを変更する.

あるいは、Windowsのキーを押して タイプ: フォルダオプション Enterキーを押すか、検索結果の一番上からベストマッチを選択します。

いずれにしても、ファイルエクスプローラオプションウィンドウが開きます。 そこから、 詳細 タブ。 [詳細設定]セクションで、下にスクロールして[ログオン時に前のフォルダウィンドウを復元する]をオンにして[次へ]をクリックします。 適用します.

それがすべてです。 今度はWindows 10システムを再起動すると、新しいセッションを開始するために再度ログインしたときに開いていたフォルダが再び開きます。 この機能はCortana'sの一部ではありません 私が中断したところでピックアップ。 あなたがそれを有効にしておけば、ログインしたときにドキュメントやアプリが開かれるだけでなく、フォルダも有効になります。 これにより、より迅速に作業に戻ることができるので、不便な再起動をより簡単にすることができます。

古いシステムを使用している場合は、この機能を有効にするとマシンの起動時間に影響を与える可能性があります。 たとえば、複数の写真や動画を含むフォルダがある場合、サムネイルが生成されるまでに時間がかかることがあります。 それでも、これはオプションであることを知ってうれしいです。高品質なプロセッサ、豊富なRAM、SSDを備えた最新のシステムを使用している場合は、起動時間の違いにほとんど気付かないでしょう。 もちろん、ブートプロセスのスピードアップに役立つために、いつでも スタートアッププログラムを無効にする.

ソース

関連のポスト

1つの応答

返信を残します

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 コメントの処理方法を学ぶ.