Microsoft、Project xCloudゲームストリーミングサービスを発表

ゲームストリーミングは次の大きなものですか? マイクロソフト 発表 公式の会社のブログでちょうど一瞬前に予定されているプロジェクトxCloudストリーミングサービス。

同社が運営しているXboxやクラウドのブログではなく、公式のMicrosoftブログでこれを行ったという事実は、このサービスを成功させなければならないというプロジェクトとその決意を語っている。

MicrosoftのゲームクラウドのKareem Choudhryの企業副社長が明らかにした情報は、いくつかの答えを示していますが、多くの疑問が残っています。

Project xCloudとは何ですか?

プロジェクトxcloud

Project xCloudは、MicrosoftがPC、Xboxコンソール、モバイルデバイス用の新しいゲームストリーミングサービスです。 Microsoftは、同社のXbox Oneゲームシステムで利用可能なゲームをProject xCloudに追加する予定であるようだ。

結局のところ、Project xCloudは、コンソールやPCを好むかどうかに関係なく、プレイヤーがいつどこでプレイするかを選択し、以前は体験できなかった世界、登場人物、没入感のある物語にモバイル専用プレイヤーがアクセスできるようにすることです。

マイクロソフトはE3 2018カンファレンスの基調講演で、新しいクラウドストリーミングサービスを発表しました。 マイクロソフトのゲーム担当バイスプレジデントであるPhil Spencer氏はサービス名を明らかにしていないが、Microsoftのサービスはコンソール品質のゲームをどのデバイスにも提供すると述べた。

Project xCloudは、MicrosoftのAzureインフラストラクチャをバックボーンとして使用してグラフィックスを計算し、ゲームをユーザーデバイスにストリーミングします。 Azureを使用すると、ゲームの計算部分がデバイスからクラウドに移動するため、RAM、高速ビデオカード、または特定のゲームをプレイするためのプロセッサが不要になります。

Microsoftのゲームストリーミングサービスは、Xbox以外のデバイスでXboxゲームを利用できるようにします。 言及されたゲームにはHaloとRed Dead Redemptionが含まれており、これらのゲームやその他のゲームをXbox以外のデバイスでも利用できるようになる予定です。

マイクロソフトでは、ユーザーがBluetoothやタッチ入力コントロールを使用して接続されているモバイルデバイスとXboxコントローラを使用してプレイできることを明らかにしました。

同社は2019でProject xCloudのパブリックトライアルを開始する予定です。 Microsoftは価格について言及しなかった。

いくつかの考え

マイクロソフトは定期的に顧客に料金を請求するサブスクリプションベースのサービスを作成したり、ゲームの購入にサービスを追加することができます。

私の意見で最も可能性の高いシナリオはサブスクリプションベースのサービスです。 ゲーマーは、毎月または毎年支払う特定の金額でそれを購読し、利用可能なゲームをプレイすることができます。 これらのゲームを購入する必要があるか、これらのゲームをプレイするために特別料金を支払う必要があるかどうかはまだ分かりません。

何も言及されていないが、Project xCloudは、マイクロソフトがゲーム用のXboxコンソールを作成しなくなると、Xboxの未来になる可能性がある。

ソニーはストリーミングサービスを運営しています PS今 すでにストリーミングされたプレイステーションゲームをプレイステーションコンソールやWindows PCに提供しています。

サービスは購読を必要とし、ユーザはストリーミングのためにソニーがサービスに追加した利用可能なゲームのいずれかを選ぶことができる。

任天堂が使う ストリーミング ゲームをNintendo Switchに流すこともできます。 任天堂は主にストリーミングを使用して、スイッチがシステムに十分なほど強力でないゲームを提供しています。

(ビア Deskmodder)

関連のポスト

返信を残します

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 コメントの処理方法を学ぶ.